つぶや記

京都で大学生をやっている松岡智之です。 新聞記事に突っ込んだり、読んだ本の感想なんかを徒然なるままに執筆します。

映画「靖国」に国が助成金など出すな

 映画「靖国」に文化庁が補助金を出した。この映画については反日プロパガンダなどの批判があり、助成の是非について国会議員が試写会を求めたことも「事前検閲だ」などと言われ問題となっている。(関連記事)

 しかし、国会議員が国家の支出についての是非を検討するために助成対象の内容をチェックすることの一体何がいけないのだろうか。しかも、政治的な内容を含む映画に国家が支援するということは、国家が特定の思想を助長することにもつながる。国会議員が試写会を求めるのも当然の仕事だろう。

 この映画については批判が強く、そのために上映を中止する映画館が出た。どの映画を上映するかは映画館の「表現の自由」だ。上映される映画に批判するのも「表現の自由」である。そして、他の映画館に追随してトラブルが起きないように上映を中止するか、批判に構わず上映するかも各映画館の自由だろう。これについては私がとやかく言うことではない。個人的には、反日プロパガンダ映画が堂々と国内で上映されるような嘆かわしい事態は起きて欲しくないが、見もしないで批判するわけにもいかないので京都市内に1軒くらい上映する映画館があって欲しいなとも思っている。

 しかし、そんなことはどうでもいい。問題はこの映画に国が助成金を出しているということだ。中国は30年くらい前から反靖国神社の運動を起こし、数年前には日本領事館襲撃を中国警察は黙認するという事態になった。そして今、中国人が靖国神社についての映画を作っている。どういう内容かは見ていないので分からないが、おそらく靖国神社を侮辱する内容のものだろうと推測している。
 このような映画に日本政府が助成金を出すということは、日本政府がその内容を公認したと世界から思われることになるだろう。
 したがって、政府はこのような映画に助成金を出すべきでない。



【関連記事】
映画「靖国」 文化庁、助成は「妥当
<映画「靖国」>文科相「国政調査権で依頼」を疑問視
映画「靖国」をTVで放送したらいい
靖国で参拝老人襲った中国人 現地ネット上で「英雄視」

外国ではこの言い訳が流行なのか

毎日新聞<横須賀殺人>逮捕の米兵「刺せという声聞こえた」
ヤフーニュース ライブドアニュース

 横須賀でタクシー運転手が米兵に刺し殺された事件で、被疑者は「誰でもいいから刺せという声が聞こえた」と言っているらしい。

 そういえば、数年前に広島で小学生の女の子がペルー人に殺された事件でも、「悪魔に支配されていた」と言っていたな。
 外国では犯罪を犯したときにこういう言い訳をする人が多いのかな。日本人には意味不明だが、外国人、特にキリスト教徒にとっては「つい出来心で」「魔が差した」くらいの感覚の言い訳なのだろうか。

耳掃除、完全に間違ってた

こちらの記事によると、



・耳を奥まで掃除してはいけない
・綿棒は使ってはいけない
・風呂上りはダメ
・耳垢があったほうが皮膚が守られる
・家庭ではしない方がいいという医師も

だそうだ。


 あれ?今まで親から教わったことがことごとく否定されているが。

ヤマダ電機正月休業とその理由付け

ヤマダ電機、元旦の初売りセールを取りやめ - GIGAZINE

 ヤマダ電機が1月1日の営業を取りやめるそうだ。それ自体には異論は無い。正月に社員を休ませることに誰が文句を言おうか。
 しかし、なぜその理由付けに、取って付けたように環境問題を言い出す?「社員に楽させるため」では客が怒ると心配して今流行の環境問題を持ってきて、これなら文句ないだろうということか?

(PDFファイル)ヤマダ電機グループ「1 月1 日(元旦)の全社休日」のお知らせ


 今や環境保護は錦の御旗ですからな。何でもかんでも環境保護を目的にすれば、人々は従うだろう。そりゃ、営業時間を少なくすれば電気代も少しは減るだろうが、ほとんど年中無休でやってる店が正月だけ休むのに「環境保護」を持ち出すのはおかしくないか。週休2日とか言うのなら分からんでもないが。


 それと、最近気になるのが、銭湯や温泉などの「警察署の指導により、刺青をした方の入浴はご遠慮ください」や、温泉や遊園地、カラオケボックスなどの「飲食物の持ち込みは保健所の指導により、禁止させていただいております 。」などの言い訳。
 本当に警察や保健所がそんなこと言っているのか?刺青の方はヤクザ絡みということであり得そうな気もするが、刺青をしてたらみんなヤクザか。
 飲食物の持ち込み禁止も、店によっては「ご自由にどうぞ」って所もたまにあるぞ。要は、「他の客がビビッて逃げる」とか「入場料以外の食い物の売り上げが下がる」とか、そういうことだろう。
 ○○さんに言われたから、などの言い訳は言ってる人からすれば使いやすいだろうが、それが嘘っぽい言い訳だったら、聞いてる人には不愉快だ。

三池島 タダでもいらない 金が無い

地元大牟田発のニュースです。

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/local/fukuoka/20080329/20080329_008.shtml
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080329-00000002-nnp-l40
初島 三池島 タダでもいりません 大牟田市「維持費出せない」
 福岡県大牟田市は28日、三井鉱山(東京)から無償譲渡を打診されていた有明海の人工島、3池島と初島の受け入れを見送ったと発表した。三池島は希少種の野鳥ベニアジサシの営巣地となっているが「財政難で島の維持管理費を確保できないため」としている。

 両島は有明海海底に延びる三井三池鉱坑道の換気用に建設された。同市沖合2キロの初島(直径約120メートル)は1951年に完成した国内初の人工島。70年完成の三池島(直径約90メートル)はベニアジサシの北限営巣地で、オーストラリアからの渡りも確認されている。

 三池島をめぐっては、日本野鳥の会が「民間に譲渡され、釣り場などになると、貴重な野鳥生息地が損なわれる」として、同市に譲渡受け入れと環境保全を要望。初島についても、大牟田観光協会などが観光資源として活用を申し入れていた。

 市は2006年5月、同社から譲渡申し入れを受けていたが「波による浸食もあり補修費の予測が付かない」と判断した。三井鉱山は「今後の対応は社内で検討したい」としている。


=2008/03/29付 西日本新聞朝刊=
2008年03月29日01時59分





 大牟田市の財政難は日経新聞の特集に組まれるくらいだからな。数年前から20億円くらいのカラ財源でしのいできたけど、2008年度にはもう予算は組めない、って書いていたような。それに、近隣の高田・山川町は瀬高町に取られれて旧三池郡統一構想は消滅し、市街地がつながっている双子都市荒尾市は他県だから市民感情ではほとんど問題なくても福岡・熊本県の承認を得るのが極めて困難など、平成の大合併に完全に取り残されて、地方交付税がどうなるだろうかと心配だ。しかも、この政治情勢では、大牟田の守護神と言っても過言ではない古賀誠がいつまで道路や港湾工事を持ち帰ってくれるか分からない。

 そのような苦しい財政事情を抱える大牟田市が野鳥のために島の面倒を見ることが難しいというのはよく分かる。しかし、野鳥生息地保護のためなら、補修とか維持管理とかする必要はあるのかな。いつ崩れるか分からないのであれば、「危険立ち入り禁止」の札を掲げておけば済む話だろう。もし勝手に入ってどうなっても、そんなこと市の知ったことではない。それに整備された人工島よりも、廃墟と化した島の方が野生動物にとっても住みやすいのではないだろうか。

秘密基地が崩れて


イザ!:「基地」に全身埋まり死亡 穴掘り遊びの男児
イザ!:以前にも砂崩れる 大阪・小6変死、1週間前から「秘密基地作り」

 小学生が人が入れる大きさのトンネルを作り秘密基地にしていたが、土が崩れて埋まってしまい、亡くなるという事故があった。



 秘密基地か。私も昔やったものだ。でも、こういう事故があると、禁止とか言う学校も出るだろうな。
 秘密基地というものは、男子にとっては貴重な遊び場だ。しかし、都会ではこういう遊びができる場所は少なくなっているだろう。事故のあった場所は大阪市の河川敷か。整備された公園やゲームセンターはたくさんあっても、自分で頭を使って遊べる場所は少ない所だろうな。その限られた場所の一つが大和川河川敷だったのだろう。

 事故が起きたのだから、学校側としても何らかの対策を迫られることになるだろう。私は全国で数年に一度くらいの頻度で起きるような事故のために子供たちの遊びに大人が干渉すべきでないと思っているが、そういうわけにもいかない大人の事情もあるだろう。
 しかし、「秘密基地遊び禁止」などとは言わないでほしい。いや、言うだけなら結構だが、守らせないでほしい。これこれこういう事故があったから、補強も無しに横穴を掘って遊ぶのは危ないよ、とか、そういう風な指導にとどめてほしい。

裁判の傍聴に行ってきた

 ゼミの課題に裁判傍聴レポートがあったので、京都地方裁判所に傍聴に行ってきました。
 前日からの忘年度会と徹夜カラオケのため、起床は昼過ぎ。裁判所に到着したのは4時ごろ。その時間から間に合う裁判を探して、たまたま入った法廷が結構すごかった。事件は強制わいせつ。よくありそうな事件だが、テレビカメラが2台入っており、傍聴席はほぼ満席に。
 この日は判決で、判決を聞けば事件の概要と結果が分かる。被告人が法廷に入る。年は自分と同じく20代前半といったとことか。被告人上村拓は捜査段階では容疑を認めたが、裁判では否認。自白したのはアカガワ捜査官の暴行のためと主張していたらしい。否認事件は日本では少ないから、初めての刑事裁判傍聴で見ることができたのは運がよかったのかもしれない。と書けば不謹慎だろうが。
 判決文を聞いていると、どうやら、被害者は太ももなどを触られたが犯人の顔を見ていないらしい。その代わり、犯人の強烈な体臭は覚えていたそうだ。そして、被告人はホームレス状態で、同じ臭いがしたという。
 しかし、被告人は「女性の悲鳴が聞こえたから近づいて警察に付き添った」として容疑を否認。もし犯人なら、普通もう一度その女性に会おうとは思わないだろう、逃げたほうが捕まりにくいだろう、と私は考えた。

 裁判所は臭いの証言を証拠に採用し、被告人は懲役2年執行猶予4年の有罪判決。でも、臭い人は他にもいるかもしれないだろう。それだけでは証拠としては弱くないかな。この判決に至る審議を全く聞いていないからどうなっているかは知らないが、「汗臭いからお前だ」くらいに乱暴な事実認定だと感じる。
 判決を言い渡されて、被告人はどことなくほっとした表情を浮かべているように見えた。同じ有罪でも刑務所行きとそうでないのとでは大きく違うだろう。


 家に帰って、この事件について何か報道があってないかと思い、いろいろ調べてみると、なんと、この被告人は自衛官ではないか。どうりでテレビが来ているわけだ。同じ痴漢事件や船舶事故でも、自衛隊絡みとそうでないのとではマスコミの扱いは大違いだからな。

 さて、傍聴レポートのネタはできたと。あとは、社会に影響を与えた裁判についてのレポートか。何にしようかな。危険運転致死傷罪が適用されるかどうかでもめた事故があったから、それにしようかな。
 



関連記事
女性の胸など触る 海自隊員に有罪判決

チベット暴動鎮圧抗議デモに参加した 大阪3・23

 3月23日、大阪で行われた、中国によるチベット暴動への弾圧に抗議するデモに参加した。

 こういうのに参加したのは初めてです。デモとかそういうのを一度くらいはやってみたいと思っていて、前日の夜にmixiニュースのチベット関連の日記を見てデモが予定されているのを偶然知り、ちょうど時間が空いていたから行ってきました。

 参加者は目測で500人くらい。主催者発表は600人。沖縄式計算手法を用いれば1万人といったところか。沖縄タイムスがこのデモについてどう報道するかが気になるところだ。

 出発前に、ウイグル人から大きな東トルキスタン亡命政府の国旗を預かり、30分くらい持ってました。空色の背景に月と星という綺麗な旗です。トルコ国旗と色違いらしい。
 集会というか挨拶には民主党の国会議員(神戸から来たと言っていたが名前は忘れた)が「人権弾圧国家にODA7兆円を出すとは何事か」といった趣旨の演説をしていた。その言葉は政府与党だけでなく御宅の党首にも言ってください。あと、島根から来た方が竹島の話を少々。よく考えれば、竹島問題ではほとんど島根県が一人で頑張っているように見えるが、これって異常だよな。政府が弱腰を通り越してほとんど無関心だから、やむを得ないだろうが。

 それと、聞いた話によれば、中国側のスパイも来ていたらしい。中国領事館から雇われて主催団体に潜入し、数年間その団体で活動していて、何らかの理由でスパイであることが判明したらしい。その人がノコノコとこのデモに来たというのだ。

 集会の後、モンゴル自由連盟党(内モンゴルの政党らしい)の旗を持って出発。チベット・ウイグル・モンゴルの中国から弾圧を受けている3民族と一部の漢民族が力を合わせれば何とかなるといった趣旨らしい。

 行進中に叫んだ言葉は
「チベットに平和を」
「チベットに自由を」
「内モンゴルに自由を」
「人民解放軍はチベットから出て行け」
「北京オリンピックをボイコットしろ」
「フリー・チベット」

 こんな感じだったかな。
 ときどき、スポーツに政治を持ち込むなという人がいるが、それならばオリンピックに「平和の祭典」という枕詞を付けるのはやめるべきだ。「平和」は「戦争」の対義語であり、それらは政治の延長にあるからだ。戦争も平和も我関せず、黒字決算目指して頑張ってもらうがよい。

 ところで、韓国領事館前では「竹島を返せ」のコールも。これについて、抗議している人がいた。その人の言い分は、「竹島のことは別の機会にやるべきだ。今回はチベット問題の一つに絞るべき。在日朝鮮人も味方に付けるために連中を刺激することを言うな」というものだ。分からんでもないな。私も、チベットやモンゴルの旗を掲げてながら言っていいものかとためらった。ただ、その人の怒り方は尋常じゃなかったな。

 とまぁ、こんな感じのデモだったが、日本ではデモに参加するために命を賭ける必要はない。かける必要があるのは時間と交通費くらいだ。行進しながら思ったのだが、自分たちのやってることは、チベット人が今やっていることの何万分の一の価値しかないだろうなと。安全圏に身をおいて言いたい事言ってる私たちに比べ、彼らは本当に命がけだ。安易に頑張れなどとは言えない。しかし、彼らの戦いがいつか実を結ぶことを祈りたい。


チベット問題についての考察

 チベットでは共産党政府による民族絶滅政策が続けられているが、ダライ・ラマ14世はあくまで平和的に解決したいらしい。だが、連中に話し合いなど通用しないろうな。
 インド独立闘争では、マハトラ・カンジーが非暴力・不服従を貫いて独立を勝ち取ったと言われているが、それとともに、チャンドラ・ボースなどのように侵略者に実力をもって戦った人たちがいたことも忘れてはならない。
 チベットにはガンジーはいる。しかし、ボースたる人物は今のところ見当たらない。チベット仏教は平和な宗教だから仕方ないのかもしれないが、実際に共産党によるチベット支配に大きな障害が立ちはだかるという状況を作り出さない限り、独立はおろか「高度な自治」の獲得も難しいだろう。



関連記事・リンク

ブログ
<活動報告>2・23大阪シナ領事館抗議行動
ニュース
チベット暴動]中国政府に抗議、都内でデモ行進
北京五輪、選手間にボイコットの動き チベット問題

金八先生第8シリーズ最終回

 3年B組金八先生第8シリーズも本日で完結しました。

 今シリーズはいつもに比べて内容がソフトになった気がします。第5シリーズから私は金八先生を見ており、いつも波乱万丈ハラハラドキドキな展開に手に汗握っていたものですが、今シリーズはそのような話は少なかったです。千尋が男に騙されて連れて行かれたときくらいでしょうか。
 金八先生も定年が近づき、ますますヒートアップ、というわけにはいかないでしょうな。若干覇気がなくなってきたことは否めませんが、ベテラン教師としての味と風格、そして、普段のおっとりとした声と、ここぞという時に渾身の力を込めて張り上げる声とのギャップが新たな魅力を出していると思います。

 さて、第8シリーズのテーマは問題親でしたが、いろいろいましたね。息子が宿題で出した絵がコンクールに選ばれなかったことで教育委員会に訴えたり、娘に友人がぶつかって転倒・負傷し、当事者同士では解決しているのに民事裁判をやってみたりと。モンスターピアレンツ。ドラマに出た親達は誇張ではなく、実際にはもっとすごい人がいるらしいです。
 あと、学校裏サイト。私の母校にもあるようですが、ここまで陰湿じゃなかったです。といっても、検索サイトで学校名入れて出てくるようなサイトしか知らないので、逆SEOをしているような本格的な裏サイトについては存在を知らないだけかも。
 多くの場合、生徒や先生の悪口を書きあったりするなど悪いように描かれていますが、逆にそれが良いように描かれていたことが私の記憶の中では2度ある。1度目は、千尋のSOSを裏サイトのおかけで察知したこと。2度目はみんなが裏サイトで本名を出していたシーン。きっと、“インターネット=裏サイト=いじめ=禁止しちゃえ”のような短絡思考に与したくなく、インターネットは便利なものだが使い方次第だと言いたいのだろう。


 ところで、卒業式の3B全員による答辞だが、あれを見て3Aの人が可哀想だと感じたのは私だけだろうか。

MKバイキングに行ってきた

 MKバイキングに行ってきました。
 場所はMKタクシー上賀茂営業所で、もともとは社員食堂だったのを一般人にも開放したらしい。
 お値段はなんと500円。これで食べ放題というのはすごい…


 と思って行ってみたが、うん…まぁ…
 安いのはいいんだけど、味は期待外れ。って言うか、肉を出せ。牛肉を出せとは言わない。だが、せめて鶏肉くらいは欲しいぞ。

 価格は500円で、味はそれ相応だった。以上。
 今後、自転車を30分以上こいでその店に行くことは、たぶんないだろう。
最新コメント
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ