つぶや記

京都で大学生をやっている松岡智之です。 新聞記事に突っ込んだり、読んだ本の感想なんかを徒然なるままに執筆します。

ハルヒがこんなとこにも

 ついにハルヒが世界進出です。



 パレスチナ紛争が最近また激しくなってきており、それに対する抗議デモが起きたわけですが、そこに涼宮ハルヒのプラカードを掲げた少女が参加していたらしい。

 なぜハルヒがそこにいるかというと、ある掲示板(72)には


-----------------------------------------
向こうで翻訳されたわけではなく、

「日本のアニメは宗教の枠に縛られない」

「日本に、女の子が世界を創ったと言うアニメがある」

「なんでもその子が望む世界になるらしい」

(ヒーローものを見るとなりきる人がいるように、
セーラムーンがはやったときに、夢見る女の子がいたように)

「私もその子になりたい」
「その世界には戦争はないの?すてきな世界」

な流れ。ちなみに涼宮ハルヒって言葉は伝わっていない。
当然、作品の内容も、正確には伝わっていない。そもそも翻訳本がない。
掲げている少年にしても「とりあえず凄いアニメの主人公」ってこと。

俺らが、仏像を見ても、その仏像の正式名称を言えないのと同じだ。


http://imihu.blog30.fc2.com/blog-entry-2315.html より
-------------------------------------------------------

 という投稿があった。

 日本アニメは海外でも有名だからな。その中でも、よくネットで話題になっている作品だから、戦場化しているパキスタンでも知られているのだろう。

初音ミクに校歌を歌わせてみた

 初音ミクに学校の校歌を歌わせてみた動画ならたくさんあるが、ついにホームページに制式採用する高校が現れた。
 その名も福島県立小高商業高等学校である。

 ミクの歌は「学校概要」を開いて聞くことができる。
 
 ところで、この高校の一押しはパソコンのようである。「設備紹介」を見ると、ほとんどパソコンの自慢で占めている。また、文化系部活もパソコン部・プログラミング部・ワープロ部と、6つのうち3つがパソコン関連である。パソコン部は「HP更新のお手伝いもしています」とあるので、初音ミクを制式採用したのはおそらく彼らであろうと私は推測している。



関連記事:livedoor ニュース - 【トレビアン】学校の校歌を初音ミクが歌う!

 

痴漢でっち上げ

 地下鉄御堂筋線で起きた痴漢でっちあげ事件について一言言いたい。

 示談金目当てに被害者を演じる人は昔からいただろう。当たり屋なんてのもいたし、今回は女性とグルになって痴漢被害を訴え出て金を巻き上げようとした。決して珍しいケースではない。何もしていない人に濡れ衣を着せてその人の人生を台無しにしかねない犯罪に対しては厳罰に処すべきだ。その悪質性は後遺症付の傷害事件に匹敵するだろう。いや、それ以上だ。怪我なら被害者は同情してもらえるし、いろいろ公的扶助も受けられるが、犯罪者にされたら仕事も家族も信用も失う。本来なら示談金目的の痴漢でっち上げは懲役6年以上または無期懲役の強盗致傷と同等の犯罪だ。

 それはいいとしても、警察のコメントは何だ。「私たちもだまされました」だと?何を被害者ぶってんだ。被害者証言が必ずしも信用できないことはこれまでの経験から明らかになっているだろう。例の如く自称「被害者」を丸々信じて、「加害者」扱いされた男は即痴漢犯人だ。
 こういった捜査手法(そもそも「捜査」と言えるか疑問だが)を続けていると、示談金目当ての偽被害者はこれからも続出するだろう。

参考記事
毎日新聞:<痴漢でっち上げ>逮捕の甲南大生、退学処分へ
イザ!:【衝撃事件の核心】ブログで「憂国」気取る 痴漢でっち上げ大学生

3・14なは・あかつきラストラン

 なは・あかつき号他これまで私たちを支えてきた寝台列車が、2008年3月14日に最後の運行を迎えました。私も京都駅になは・あかつき号を見送りに行ってきました。

 しかし、予想はしていたが、ものすごい人の数です。祭りでもやっているのかと思うくらい。始発だから、たくさん写真を撮れるということで、日本中から鉄道ファンが集まっているのでしょうか。先日の日記にも書いたが、彼らは写真を撮るために札幌から来ていたとしても不思議ではない。

 そういうわけで、列車より人込みの写真が多いような気もするのですが、気にしないでください。




DSCN2536

DSCN2539

DSCN2559

DSCN2563

DSCN2566


 そして、ついでだからと、14日深夜は徹夜でカラオケに行き、15日朝に京都駅に到着するなはにも立会いました。だんだん自分でも鉄分摂取量が増えてきている気がします。
 それにしても、朝っぱらから完全装備でまた人、人、人。昨夜よりは少ないけど、皆様なかなか本気ですな。もっとも、私も人の事を言っている場合ではないのですが。

 DSCN2584

DSCN2606

DSCN2617


 
 これで、今まで旅行や帰省で乗ってきたなは号とはお別れです。寝台には新幹線には無い魅力がたくさんあるのだが、これも時代の流れだろうか。寂しい限りだ。

 なは・あかつきよ、今までありがとう。本当にご苦労様。

 そして、来年の3月には東京−熊本のはやぶさも廃止です。はやぶさには一度も乗ったことが無いから、今度実家に帰るときには乗らないとな。



なは号関連記事
なはの最期
3月14日なは号の切符買えば良かった
なは乗車3・12
3・14なは・あかつきラストラン

なは乗車3・12

 3月12日の寝台特急なは・あかつき(上り)に乗りました。廃止間際からか、この日はいつもより多くの人が乗っていました。

 20時58分大牟田駅を出発。鳥栖での機関車交換では、多くの人が写真をとっており、KABという熊本のテレビ局も来ていました。私も何枚か撮ってみたものの、旧式のコンパクトデジカメでは夜間撮影は厳しいです。フラッシュを焚くと画面が暗くなるし、焚かないと手ブレ。手ブレ感知機能は付いているけど、せっかくだから手ブレ補正機能も欲しいです。

DSCN2429

DSCN2433

DSCN2439

DSCN2453


 ところで、買った切符は個室Bソロ。個室と言っても料金は一番安い寝台と同じで、広さはカプセルホテルくらい。見知らぬ人の隣で寝るのは好きじゃないし窓が大きいからいつもは個室を取っていたが、一人寂しく最後のなは乗車を迎えるのは寂しい気がして、ロビーカーへ移動。なかなかの鉄道ファンと意思疎通困難な韓国人と一緒になる。何人かが酒を持ち寄って、私も泡盛を1本持っていった。韓国人もハングルで書かれたペットボトルの酒を持っていたが、あれは結構いけます。
 彼らにとっては、どの区間でどの機関車が牽引するかとか、どこにどの型番の電車が走っているかなどは常識らしく、駅に止まると猛ダッシュで撮影ポイントに向かう。さすが、高そうな一眼レフカメラを持っていらっしゃる。

 ロビーにいた人たちと夜2時くらいまでいろいろ話していたが、いろいろ勉強になりました。その日いた人の中にはこれから銀河に乗るという人もいたが、みんな列車に乗るために旅行しているようなものだ。鉄道趣味は予算がかかりそうだ。


DSCN2472
ロビーの自動販売機。時々お金だけ取られてジュースが出ないはずれくじ付(笑)


 そのうちみんな眠くなってだんだん人も少なくなり、私も個室に戻る。
 目が覚めたのは6時くらいだろうか。明石海峡大橋もバッチリ見れました。
 三ノ宮を出たくらいで、車掌さんはお別れの言葉を。

 「これからも、はな・あかつき号は皆様の心の中で走り続けます」
 
 ジーンと来ましたね。なは号にはそう何度も乗ったわけではないが、しかし、線路を走るブルートレインの姿にはいつも憧れを持っていたものです。あの列車は大阪に東京に行くのだと。いつか乗ってみたいものだと。今の私は年に数回新幹線や寝台列車で京都大牟田間を往復するような生活をしているが、それでも、なは号は特別です。新幹線とは何かが違う気がします。


DSCN2482

DSCN2509

DSCN2513

DSCN2515


なは号関連記事
なはの最期
3月14日なは号の切符買えば良かった
なは乗車3・12
3・14なは・あかつきラストラン

ガス田問題 中国不利認める

MSN産経ニュース:東シナ海ガス田問題 中国高官「裁判なら日本が勝つ」 不利認める 2008.3.12 01:30

 日本と異なり、中国では言論統制が行き届いているから、政治家や役人が政府の考えに反する事を公に口にすることは滅多に無い。「国際法はヨーロッパでできたものだから、裁判に訴えたら(同じ自由主義社会の)日本が勝つだろう」などと負け惜しみの言葉でお茶を濁してはいるが、これは、中国が自分の非を認めたと考えていいだろう。北京五輪を前にして的外れな論理で他国の領土を略取しようとしている醜態を世界にさらしたくないからだろうか。
 いや、それとも実は日本政府と水面下で妥協が成立し、自分の非を認めたと見せかけて天然ガスをごっそり持っていくつもりではないだろうか。今までの中国を考えると、そうした懸念を拭い去ることはできない。
 ガス田の一部は中国の排他的経済水域にも及んでいるので、中国にも取り分を認めることについては異論はないが、その割合について日本政府がまともな交渉をすることを期待する。



記事抜粋

 共同開発の対象海域などをめぐり日中両国の主張が対立する東シナ海ガス田問題に関する日中協議で、日本側が国際裁判所に結論を委ねることを提案したのに対し、中国政府高官が「裁判に訴えたら日本が勝つだろう」と指摘し、国際法上は日本の主張の方に理があることを事実上認めていたことが11日、分かった。その上で高官は「(裁判で)日本に負けるわけにはいかない」と述べ、国際裁判手続きに入ることは強く拒否したという。
(中略)

 18年から19年にかけての協議で、日本側は「中国の言う大陸棚境界論は30年前の理論だ。(日本に対し強硬的な)中国国内世論が納得する形で協議を妥結させるためにも、国際裁判所の勧告を受けたらどうか」などと、国際司法裁判所や国際海洋法裁判所の審判を仰ぐことを繰り返し提案してきた。国際裁判の手続きには、紛争当事国間の合意が必要だからだ。
 これに対し中国政府高官の一人は協議の場で、「国際法はヨーロッパでできたものだから、裁判に訴えたら(同じ自由主義社会の)日本が勝つだろう」と中国側の不利を認めた。また、その上で「相手がベトナムならばいいが、(裁判で)日本に負けるわけにはいかない」と強調したという。

(中略)

 国家間の境界画定をめぐる国際裁判の判例は、1960年代までは中国が主張するような大陸棚の自然延長論を採用した例もあった。だが、80年代からは、両国の海岸線から等距離に暫定的な中間線を引き、双方の海岸線の長さなどを考慮して一部修正する「等距離原則」が定着している。

(後略)

フルメタ 最終章を前に振り返ってみる

 「フルメタル・パニック!せまるニック・オブ・タイム」が発売され、シリーズ完結まで残すところあとわずかとなった。ここれ、今までの話を振り返りながら、書評も兼ねていろいろと書き連ねていこうと思う。
 なるべく楽しみを奪うようなネタバレは避けるつもりだが、どうしてもストーリーに言及することになるので、注意して頂きたい。



 シリーズ開始は平成10年。物語上の時代もだいたいそのくらいだろう。ジャンルを定めるとすれば、学園ミリタリーラブコメといったところか。
 物語上の世界ではソ連は崩壊せず、中国は南北に分裂し、冷戦も終わっていない。また、AS(アーム・スレイブ)という巨大人型戦闘ロボットが開発され、陸戦で活躍している。
 主人公、相良宋介は幼いころ、乗っていた飛行機が北極の氷上に不時着し、ソ連軍に救助されたが暗殺者として育てられ、いろいろあって傭兵AS乗りとして各地を転々とし、秘密軍事組織ミスリルに入隊した。(詳しくは「極北からの声」で)
 ミスリルとは、冷戦が続き3度目の核兵器が使用されたことをきっかけに、「可能な限りの平和」を目指し、世界各地の武力紛争の火消し役をつとめる傭兵集団である。
 宋介はミスリルの任務で、都立陣代高校2年生千鳥かなめを護衛するために、その高校に転入することになった。千鳥はウィスパードという能力の持ち主で、未知の技術(ブラック・テクノロジー)を持っている。このような人物は世界に数十人存在し、アマルガムなどの組織に狙われている。そういうわけでミスリルが護衛することになった。
 そして、時には千鳥が敵に狙われ宋介が彼女を守るために戦ったり、またある時には幼いころから戦争付けの宋介が下駄箱に入れられたラブレターを爆弾と勘違いして爆破するなど戦争ボケっぷりを発揮し、千鳥、テッサ(16歳の女の子にしてミスリル西太平洋戦隊司令官、ウィスパード)の宋介をめぐる三角関係にやきもきさせられながら、物語は進行していく。
 基本的に、敵と戦うまじめな話は長編(「戦うボーイ・ミーツ・ガール」など動詞+英単語3つのタイトル名)、ラブコメな話は短編(「放っておけない一匹狼?」など漢数字が入り?で終わるタイトル名)に収録されている。長編で泣いて短編で笑うというのが一般的な読み方だ。


 そんな感じで、いろいろ事件に巻き込まれながらも何とか千鳥は高校に通い、宋介は高校生と傭兵を兼業するという日々が続いたが、ついに、千鳥はアマルガムに捕らえられてしまう。(「燃えるワン・マン・フォース」)ミスリルも総攻撃を受けて壊滅状態になり宋介は手がかりを探すために東南アジアのある国に行き、いろいろあって、うまく逃げたミスリル西太平洋戦隊と合流し、もうすこしで千鳥と感動の再開を果たすというところで信じられない展開に…(「せまるニック・オブ・タイム」)




 さて、これからどうなるだろうか。私としては、もう一度、大貫善治や会長閣下に活躍してもらいたいのだが。林水会長は「つづくオン・マイ・オウン」で宋介と千鳥のことを気づいたし、生徒の避難に協力したから、ひょっとしたらもう一度重要なシーンで登場するかもしれない。
 千鳥も、このあとどうなるだろう。本格的にレナード側に付いたことでひとまず安全な状況にいるようにも思えるし、そのレナードも敵になるとは考えにくい。宋介とカリーニンの出会いからこれまでの経緯を見て、この2人の関係は絶対のものだと信じたいし、カリーニンがほいほい裏切りを繰り返すとも思えない。普通に考えれば、千鳥が考えを改めて宋介・テッサ陣営に戻り、ミスリル対レナードの決戦になるのがオーソドックスな展開だが、私は、最終的には宋介・テッサ・千鳥・レナード・カリーニンの意見は一致するのではないかと予想している。

 それと、話は少し変わるが、このシリーズ全体を読んで、その裏側にある背景というか、著者の心情というものを最近私は感じるようになった。
 この小説に込められたものは、戦争とそれに対する日本社会・政府の無警戒さへの嫌気ではないだろうか。
 「揺れるイントゥ・ザ・ブルー」で、貧しい島国に置かれた米軍の科学処理工場がテロリストに襲撃されミスリルが対処するという話で、宋介の心情が次のように描かれている。「どこでも同じだな、と思った。貧しい国や地域が、いつも貧乏くじを引く。軍事基地、廃棄物処理場、原発。場合によっては、武力紛争というおまけがつくこともある。」(P.140)
 また、短編では、宋介の戦争ボケが注目されるが、逆に長編では日本人の平和ボケが描かれている。国内で戦闘が起きているのに、省庁間の縄張り争い、といった具合だ。平和を知らない戦争ボケの宋介と、平和に浸かり続け戦争を忘れた日本のコントラストには、少し考えさせられるものがある。

3月14日なは号の切符買えば良かった1

 実家から京都に戻るのに寝台特急なはのラストラン(3月14日)に乗ろうとしたが売り切れで買えず、仕方なく12日の切符を買ったことは以前日記に書いた。

 しかし、オークションを覗いてみると、寝台券がほとんど定価で売られているではないか。てっきり9000円のB寝台・特急券が3〜5万円で売られるだろうと予想して諦めたのに。妥協せずにヤフオクで買えばよかったと後悔。


なは号関連記事
なはの最期
3月14日なは号の切符買えば良かった
なは乗車3・12
3・14なは・あかつきラストラン

Web収入報告

 私のサイトに貼り付ける広告を変えてみました。YahooのアドパートナーとPitta!というやつです。
 この2つは表示させるだけで報酬がもらえるインプレッション保障型で、リンク先で何か買ってもらう必要もなければ、クリックされなくても報酬がもらえます。
 だいたい1日100人前後の訪問者数のサイトで、5日間で25円、1ヶ月で100円ちょっとになると思います。

 まぁ、こんなもんかな。クリックされるのをひたすら待つよりも、こっちほうが毎日少しずつもらえるから、その点ではいいかもしれない。しかし、これでは生活費の足しにはならない。

ニュース・社会問題リスト

映画「靖国」に国が助成金など出すな
靖国神社を批判する映画を中国人が作ること自体は今さら驚くべきことではない。しかし、日本政府がその映画に補助金を出すとは…

痴漢でっち上げ
人の人生をぶち壊しにするような行為には厳罰を。警察もこういう人間がいることに気づけ。

ガス田問題 中国不利認める
東シナ海ガス田問題で中国の高官が「裁判になれば不利」と認めた。これは中国が己の非を認めたのか、それとも、日本政府のだらしない妥協の前兆か。

小浜市オバマヲ応援ス
米大統領候補オバマ氏を小浜市と旧小浜町が応援(便乗)

国歌斉唱の職務命令に反した教職員の再雇用拒否が違法?
有期雇用契約の強制更新を使用者に義務付けるつもりか?

毒餃子問題 今後の展開を予測する
段ボール肉まんと同じく、誰かを逮捕してケリを付けるか。

時効成立認めず
20年以上前の殺人事件。民法724条に従えば加害者は民事上の責任も問われないことになるが、裁判所は殺人行為自体の損害賠償請求を認めた異例の判決。

中国産毒餃子

橋下新知事、本気か


最新コメント
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ