つぶや記

京都で大学生をやっている松岡智之です。 新聞記事に突っ込んだり、読んだ本の感想なんかを徒然なるままに執筆します。

2008年01月

時効成立認めず

殺害行為への賠償責任認める…東京・足立の時効殺人訴訟
 1978年に東京都足立区立小の女性教諭・石川千佳子さん(当時29歳)を殺害して自宅の床下に埋め、殺人罪の時効成立後の2004年に自首した元警備員の男(71)に対し、遺族が損害賠償を求めていた訴訟の控訴審判決が31日、東京高裁であった。

 青柳馨裁判長は「民法上の時効を適用するのは著しく正義・公平の理念に反する」と述べ、殺害行為に対する賠償責任を認めた。その上で、男が遺体を隠し続けた行為に限って330万円の賠償を命じた1審・東京地裁判決を変更し、約4255万円の支払いを命じた。

(2008年1月31日16時00分 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080131-OYT1T00456.htm?from=main4



 この事件は、20年以上前の殺人事件の加害者に被害者が損害賠償を求めたが、加害者側は時効を主張し、時効成立を認めるかどうかが争点となった。
 第一審では、20年以上前の殺人による賠償は認めず、提訴の20年前から自首するまでの期間遺体を隠していたことについてのみ損害賠償を認めた。遺体はつい最近まで隠していたので時効にはならないから、遺体を隠して遺族に苦痛を与えたことの損害賠償は認めたが、殺したことへの損害賠償は認めなかったのである。だから、賠償金も330万円と安い。
 しかし、第二審では、殺人についても損害賠償を認めたのである。


第724条
不法行為による損害賠償の請求権は、被害者又はその法定代理人が損害及び加害者を知った時から三年間行使しないときは、時効によって消滅する。不法行為の時から二十年を経過したときも、同様とする。



 たとえば、家族を殺されたなどの被害を受けたとき、その人が殺されたこと、つまり「損害」を知り、かつ、加害者が誰かを知った(これで裁判ができる)時から3年以内に裁判を起こしたり、加害者がと賠償額について話し合うなどしないと時効が成立する。つまり、3年も放っておいたらもう裁判所は助けませんよ、ということだ。

 さらに、殺人が発生してから、つまり、不法行為の時から20年たったら、その間誰が犯人かわからなくても、裁判所は助けませんよ、とも定められている。(これは除籍期間と呼ばれる)


 もっとも、特別な事情があれば、例外は認められる。

ウィキペディア「除籍期間」より引用

2004年(平成16年)4月27日最高裁第三小法廷判決、民集58巻4号1032頁 三井鉱山じん肺訴訟
民法724条後段所定の除斥期間は,不法行為により発生する損害の性質上,加害行為が終了してから相当の期間が経過した後に損害が発生する場合には,当該損害の全部又は一部が発生した時から進行する。

2004年(平成16年)10月15日最高裁第二小法廷判決、民集58巻7号1882頁 関西水俣病訴訟
水俣病による健康被害につき,患者が水俣湾周辺地域から転居した時点が加害行為の終了時であること,水俣病患者の中には潜伏期間のあるいわゆる遅発性水俣病が存在すること,遅発性水俣病の患者においては水俣病の原因となる魚介類の摂取を中止してから4年以内にその症状が客観的に現れることなど判示の事情の下では,上記転居から4年を経過した時が724条後段所定の除斥期間の起算点

2006年(平成18年)6月16日最高裁第二小法廷判決、民集60巻5号1997頁 北海道B型肝炎訴訟
 乳幼児期に受けた集団予防接種等によってB型肝炎ウイルスに感染しB型肝炎を発症したことによる損害につき、B型肝炎を発症した時が724条後段所定の除斥期間の起算点となるとされた事例



 このような特殊事情があれば、裁判官は法律を曲げてでも被害者を救済してきた。
 しかし、今回の事件は単なる殺人事件だ。不謹慎な発言だが、日本でもよくあることである。このような事例にまで時効(除籍期間)の例外を認めたとは驚きだ。


 最高裁までいくだろうか。だとしたら、最高裁はどう判断するだろうか。
 今後のこの事件の動向が気になる。




他の方の意見とそれに対するコメント


毒物混入餃子と時効殺人で賠償命令

 この方は、時効成立を認めない第二審判決に肯定的だ。なるほど。確かに、遺体を隠し続けて20年経てば賠償責任から解放される、というのは、確かにどうかと思う。心情的には私も同じ思いだ。
 しかし、除斥期間20年を定めた条文(724条)を見る限り、不法行為がバレずに20年経ったらもう時効ですよと正面から言っているように思える。
 それに、今回はたまたま被告が自分の不法行為を認めたからいいが、もし事実関係に争いがある場合、つまり、被告が「俺は殺していない」と主張した時、その主張が真実だったとして、訴えられた側はたまったもんじゃないだろう。去年の事なら自分の行為についていろいろ反論できるし、証拠もまだあるだろうけど、普通20年も昔の事なんてはっきりと覚えていないだろうし、証拠も消失する可能性が高い。こうなると、訴えた側が証拠を捏造しても、それに対する反論が困難になる。これを防ぐために、20年以上昔の事件は裁判所は扱いませんよ、という原則(除斥期間)があるのだ。その例外をこの事件に適用していいものだろうか。
 この事件については被告に責任をとってもらいたい、賠償金を払わせたいという思いと、こんなに安易に除斥期間の例外を認めると法的安定性が損なわれるのではないかという危惧。これは、どちらも説得力がある論理だ。

中国産毒餃子

 中国産の冷凍餃子に有機リン系殺虫剤メタミドホスが混入していた。健康被害も全国各地で多発している。

 これは、最近マスコミを賑わせている「表示と違う品種の鶏を使った」「冷凍保存していた和菓子の解凍日を製造日として表示した」などの食品偽造とは桁違いの問題だ。これらの事件では、少なくとも誰も腹を壊していない。

 このギョーザに入っていたメタヒドホスは強力な農薬で、中国でも今年初めから使用を禁止されたが、効き目が良いという理由で現在も使用されているという。(参考記事:産経新聞2008年1月31日朝刊2面主張

 上記記事には「問題の殺虫剤がどの段階で、どのように混入したのか、混入は広範囲なのか限定的なのか、故意か否かなどを含め、徹底した原因究明が必要だ。そのうえで厳重な防止策を求めたい。」とあるが、まずは警察などの捜査機関には原因究明に努めてほしい。

 今回の事件で、中国側の対応に興味深い記事がある。〈製造元とみられる中国河北省石家荘の「河北省食品輸出入集団天洋食品工場」の女性職員は同日、共同通信の電話取材に「なぜわれわれの製品だと証明できるのか」などと述べ、詳細について説明を拒んだ。女性職員は「誰が言っているのか。証拠があるのか」などとまくし立て〉たそうだ。
 開き直りも甚だしい。自分の工場で作られた製品だろう。食品の安全に対する責任感が欠如しているのか、それとも、日本人だから大丈夫だろうと腐った野菜のキムチを売りつけた韓国人のように、完全に我々日本人を舐めているのだろうか。
 中国共産党政府も似たような状態だ。〈中国輸出食品の安全性を主管する国家品質監督検査検疫総局〉は〈同総局の報道課は「事件は把握している」とした上で、「書面で質問申請を出してほしい。現時点では答えられない」と述べ、具体的な対応策は示さなかった〉という。(引用記事



 私のような貧乏大学生は、スーパーでついつい安い物を選んでしまうが、中国産には気をつけようと思う。
 そういえば、今年の正月に帰省したとき、地元のスーパー(福岡県大牟田市手鎌、上内・橘・元村から陸橋を渡って何キロか行って、ダイレックスの手前)に行ったら、中国産の冷凍ほうれん草がなんと10円で販売されていた。「お一人様5つまで」などの表示はなく、それどころが商品には霜が積もっていて、長期間売れていないと思われる。他にも、別のスーパーでは、ウナギの蒲焼の結構大きいのが380円くらいで売られていた。それより小さな国産品は900円くらいだったと思う。台湾産も600円くらいだっただろう。
 中国産段ボール製肉まんとか、ラーメンを食べたモンゴル人や歯磨き粉を使ったパナマ人が死んだとか、物騒なニュースが多いから、もう中国産は信用されていないのだろう。

 続きを読む

橋下新知事、本気か

ブログネタ
大阪府知事選 に参加中!
大阪府知事選 - livedoor Blog 共通テーマ



橋下徹氏:大阪の府債発行認めない…職員給料削減も
 大阪府知事選で初当選したタレントで弁護士、橋下徹氏(38)は28日未明、大阪市中央区の事務所で、若菜英晴・毎日新聞大阪本社社会部長のインタビューに応じた。橋下氏は来年度予算編成に関して「原則、府債発行(借金)は認めない」と明言し、その分は歳出削減を行う考えを示した。また、府債返済を先送りして財政再建団体転落を免れていたことについても、一定割合を返済する方向に転換したうえで、現在目標としている10年度の単年度黒字化を前倒しする方針を示した。

 橋下氏は、府債発行を認めない方針について「相当無駄が削れると思う。どうしても必要な事業なら、職員の給料を削ってもらう」と述べた。削減対象として、人件費や建設事業費、中小企業融資などを検討するとした。

 また、府が10年満期で一括返済する府債に限り、10年目に100%借り換えして返済を先送りしていることについて、借り換え割合を総務省の指導に基づき58%に下げると断言。返済先送りを前提にした府の行財政改革プログラムを、新たな“橋下版”に作り変える意向を明らかにした。

 府の予算規模は約3兆円で、毎年、財源不足を補うため、2300億円程度の府債を発行(借金)し、さらに01年度からは府債返済に備えて積み立てた「減債基金」から毎年約1000億円を借り入れている。府幹部は「3300億円を一体どこから捻出(ねんしゅつ)するのか」と困惑を隠せない。【坂口佳代】

http://mainichi.jp/select/today/news/20080129k0000m040056000c.html
毎日新聞 2008年1月28日 19時15分 (最終更新時間 1月28日 20時06分)




 橋下知事はかなり本気で財政再建に取り組むようですな。弁護士でもあり時事問題の討論番組にも出演している人が選挙後に、見込みの無いようなことを言うとは思えない。多少の脚色はあるかもしれないが、彼が本気で言っていること、そして、それが実行に移されることはほぼ間違いないだろう。

 それにしても、行列ができる法律相談所から2人も政治家を出すとは。まだ丸山のピンチヒッターに違和感が消えないうちに橋下さんまで抜けてしまったから、あんまり面白くない。それに、最近はトーク中心で、「法律はおまけ」が露骨になってきたからなぁ。偉そうな弁護士先生が神の如く裁定を下すスタイルが法律番組の中心だった中で弁護士同士を喧嘩させる番組は新鮮だったし、今も行列は好きだからこれからも続いて欲しいけど、なんか番組ヤバそうだな。


 とにかく、橋下新知事には頑張って貰いたいです。続きを読む

「現代の教育」レポート 執筆メモ

この投稿は外出先などでレポート執筆のためにメモするために作った物であり、他人に見せることは想定しておりません。見ても構いませんが、意味不明であまり役に立たないでしょう。




「子どもの遊びと発達汽團▲献Г旅柔論と物と関わる遊び」読書メモ

人間は内部に作り上げた論理数学的知識(関連づけ)を通じて、あらゆる知識を構成している」
「論理数学的知識が低レベルの時期は、たとえ自転車のペダルが車輪につながっているのを“見た”としても“知る”ことはできない」
「人間はものを目で見るのではない」10頁

なるほど。
外部知識を取り入れても、それを理解するためには自分の頭の中で整理する能力が無いとそれは知識にならない、ということか。
難しい刑法学の理論を何度聞いても理解できないことと同じかもしれない。



物と関わる遊びが重要な理由
・赤ちゃんや幼児は事物に対して強い興味を持っている
・考える力を育てることに役立つ
22頁


遊んでいる子供への保育者の対処

1)やり方を教えない
自分で考える機会を失い、論理数学的知識を構成できない。30頁

5)子供たちの相互作用を励ます
子供の脱中心化を促し、考えることを動機付ける。33頁

テスト前に・・・3

 後期試験も終盤に迎え、残りは「現代の教育」のレポート(2000字以上)と刑法兇離謄好箸澄ともに全く手を付けていない。

 だというのに、この土日で「らき☆すた」全24話を見るという暴挙に走ってしまった。

 ニコニコ動画とは便利なものだと関心しながら、これほどテスト勉強に有害なものは無いという恨み辛みも感じつつ、まったりアニメに入り浸った。


 ところで、この「らきすた」、どことなくちびまる子ちゃんを思い出すのは私だけであろうか。宇宙人、未来人、超能力者や悪の組織などの類は一切出てこない、女子高生その他関係者の日常を描いた何でもないアニメだが、妙に共感するところがある。というのも、主人公の泉こなたの行動パターンの半分くらいが私と合致するのだ。
 私は彼女ほどオタクではないが、しかし、泉こなたのダメ人間っぷりが私を安心させるのである。
 それと、普段はあたしんちのようなシンプルな画質だが、時々どうでもいいような場面で超ハイクオリティになる。これぞ京アニの本気か。

 なお、このアニメは一話完結型であり、第1話はあんまり面白くなく、見逃してもそれ以降の設定や人物関係の把握に支障をきたすことはまったくないので、興味のある方は第2話から見ていただくことをお勧めする。もちろん第1話から見ても全く構わないのだが、1話で見切りをつけて本当に面白い2話以降を見逃されたら残念である。続きを読む

「新しい神の国」読書メモ

読書メモ

古田博司『新しい神の国』ちくま新書


真面目な学者への「茶化し」は江戸時代からの庶民文化。2ちゃんねらーもその延長。(P110〜116)

日本の右傾化は左翼が嘘をつきすぎた反動によるもの。
文化大革命礼賛。北朝鮮「地上の楽園」。拉致はない。核開発は無い。
(P.117〜119)
左翼は多人数という数の力に依拠し、マイノリティの右の意見を無視し、学会・官界・マスコミでの権益を最大限に伸張させ、人脈・名誉・論壇を独占し、人の諌めを聞かなくなった。それが日本の左翼を堕落させた原因だろうか。(P.119)


 とまぁ、日本の左翼に手厳しい指摘をしている。早い話、日本の左翼はだらしないと。

 あと、第1章では、神道についてちょっと醒めた解説。
 日本人は無宗教だとしばしば言われるが、正月には初詣に行ったり、受験前にも神社に行ってお祈りしたり、祖父母と住んでいる人だったら家に神棚があったりと、多くの日本人にとってはやはり身近な存在だろう。
 そんな神道をちょっと離れた所から解説している本書は、身近過ぎてよく分からない神道の概観を把握するのによいかもしれない。





「新しい神の国」をブックオフで購入


「新しい神の国」を楽天ブックスで購入
最新コメント
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ