つぶや記

京都で大学生をやっている松岡智之です。 新聞記事に突っ込んだり、読んだ本の感想なんかを徒然なるままに執筆します。

2009年04月

減税だがぁと言ってるだけで政治ができたら苦労ないな

「日本一税金の安い街・名古屋」と言って当選した河村たかし市長。しかし、市役所や議会からは困惑の声が出ていると言う。そりゃ、収入の2.4%の236億円が減収となったら、市の運営も大変だろう。

河村さんは国会議員の時から気軽に減税やぁと言っていた。これまでは外野席の隅っこから叫んでいただけなので、実現可能性が問われることも少なかった。しかし、今は市長だ。今まで持たなかった「権限」を手に入れたわけだから、今後は本当に公約を実現しなければならない。

私は名古屋の財政事情は知らないから断定は出来ないが、地方自治体にとって収入の2%強が減少することは厳しいのではないか。しかも、不況により法人税はさらに減少するだろう。

市民サービスを維持しながらの減税は簡単なことではない。選挙期間中に「減税」を公約にするのは簡単だが、安易に不可能な公約を言って実現できなかったら市民の失望を生み、次の選挙では大いに不利となる。

さて、河村たかし市長は「庶民革命」を実現できるか。それとも、単なるポピュリズム政治家に終わるか。楽しみである。

地デジカくんねぇ 新地デジキャラクター

全裸で逮捕された草なぎさんに代わる新しい地デジのキャラができたそうな。

その名も「地デジカ」くん。鳩山総務大臣と一緒の写真はこちらに。


逮捕が23日で27日に新キャラ発表とは。政府がやるわりには対応早いな。デザインして着ぐるみを作るのにわずか4日しか経っていない。

ところで、鳩山さん。着ぐるみと一緒のシーンがやたら印象強いんだけど。サイバンインコも着たりしていたし。



関連記事

地デジカくん草なぎさんの分も頑張る!?


山折哲雄さん、宗教学者なのにキリスト教とユダヤ教は別の神を信じると思っているの?

4月26日読売新聞朝刊1面に宗教学者山折哲雄氏のコラムがある。ブッシュからオバマに政権が変わることを「旧約の神から新約の神へ」と例えている。

このコラムを読んで、断定は出来ないが、どうも山折氏はユダヤ教の神とキリスト教の神を別の神だと思っているようだ。
知らない人も多いと思うが、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教は信じる神様は同じだ。ユダヤ教の神はヤハウェ、キリスト教の神はイエス・キリスト、イスラム教の神はアッラーと世界史の授業では習ったような気がするが、それは呼び方が違うに過ぎない。ただ、神に対する解釈の方法や、守るべき約束についての考え方が大きく違い、それが原因で殺し合いをすることもある。


総理を狙う男 市長になる

河村たかし 名古屋市長選挙当選!


総理を目指すはずったのが市長になりましたね。いつまで経っても民主党代表選出馬に必要な推薦人20人を集めることが出来ないから、総理は諦めて、日本のリーダーから名古屋のリーダーに方針転換したのでしょうか。

河村たかし公式サイトで、市長選に向けた演説動画があるので、内容を一部紹介します。

Q「総理を狙う男」は捨てたのか?

A 捨てていない。総理になっていばりたいのではなく、庶民革命をしたい。中小企業の息子でも総理大臣になれる、そういうことを実現したい。今度は名古屋でそれを実現する。気持ちは同じ。


だそうだ。庶民革命が何なのかはよく分からない。「中小企業の息子でも総理になれる」ことを示したいそうだが。総理経験者が皆貴族や大企業経営者の出身ならこの気持ちは理解できるが、田中角栄は農家の出身じゃなかったっけ?

あと、「減税発祥の地名古屋」とか「民主主義発祥の地名古屋」とか言っているが、よく意味が分からない。


とりあえず面白い口調で喋り、世論の反感を受けている議院稼業をこけ落とすことで人気を集める典型的なポピュリズム政治家ようにしか思えてならないのだが、それでも河村さんが好きなのは何故だろう?

先日、就職活動で名古屋に行き、河村さんの街宣車を見るのを楽しみにしていたのに、見ることが出来ず残念だ。

サブカルチャーはサブでないと意味がない カワイイ大使

外務省がコスプレ大使…

このニュースを初めて見たときは驚いたな。いくら麻生総理でもここまでするとは。その時の検索では、新華社通信しかこのニュースを出していなかったから、誤報だと思った。

ところが、本当にやっていた。「ポップカルチャー発信使」が正式名称らしく、「カワイイ大使」とも呼ばれている。コスプレして外国に行って、日本文化を伝えるようだ。

やめてくれよ。別にそういう趣味が嫌いではないが、国がやるなよ。ああゆうのは真面目な大人から白い目で見られるくらいが丁度いいんだ。

「ゴーマニズム宣言」や「戦争論」を書いている漫画家の小林よしのりも似たようなことを書いていたな。どの作品だったかは忘れたけど、「電車の中で漫画を読むべきではない。漫画が電車の中で堂々と読まれるようになったとき、漫画は死ぬ。」というような話を覚えている。

サブカルは物好きな人間が勝手にやってるから楽しいのであって、国が出てきて外交のためと言って利用し出すと、真面目なもの、つまらないものになるのではないだろうか。

世界の指導者 誰を選ぶか

こちらのブログに興味深い文章があった。
http://d.hatena.ne.jp/KJ-monasouken/20080512



世界の指導者を選ぶときがやってきた。あなたの一票は、貴重な一票である。以下は、候補者に関する情報である。



候補者A:

不正な政治家とつながりがあり、占星術者に助言を求める。 彼は二人の愛人を持っていた。 また、チェインスモーカーで、一日に8〜10杯のマティーニを飲む。



候補者B:

会社を二度クビになった。いつも昼まで寝ている。 学生時代には阿片をやっていた前歴がある。 一晩に1クオート(約1リットル)のウィスキーを飲む。



候補者C:

彼は勲章を受けた戦争の英雄である。 菜食主義者で、タバコは吸わない。 ビールを良く飲むが、これまで浮気をしたことはない。


候補者D:

父は軍の将校養成機関を首席で卒業。本人も上位の成績で卒業している。軍人としてのみならず、政治家としても実績を残し首相の座に上り詰める。

タバコは吸うものの、酒は殆ど嗜まず、たまに疲れたとき晩酌するほどであり、決して深酒するようなことはなかった。飲み方も一合瓶を予め飲む量を目算してそれ以上は決して飲まないという自制心の強いものであった。女性に対してもだらしないところはなく、親族の浮気も許さないほどであった。

非常な部下思いであり師団長時代は兵士の健康や家族の経済状態に渡るまで細かい気配りをした。平等主義を徹底し、食事も兵士と同じ内容のものしか取らなかった。一品でも兵士の献立と違うと思われるものが食膳に出されると、兵士にも行き渡っているか確認し、そうでないと知ると決して箸を付けなかった。首相としても国民生活に気を配り、自ら庶民のごみ箱を視察して食生活の状況を確認していたことは有名である。

彼の死後、彼の霊はとある施設にて祀られており、そこに後任の首相が参拝するときには近隣諸国でも話題になるほどの影響力を残している。


これらの候補者のうち、あなたは誰を選ぶか?



A〜Dが誰かは上記のブログの一番下に書いてある。


私はこれを読んで、CとDが誰かはすぐに分かった。CとDが分かったから、チェインスモーカーのAも予想できたし、そうなると、エピソードを全く知らないBも2人に絞り込めた。


ものは言い様ですな。どんな人物にも光と影があり、光ばかりを見ると輝かしい英雄に見えるし、影だけを捉えると悪魔にもなる。

マスコミがある政治家について、ごく一部の政策の問題点や言い違いばかり取り上げたら、それなりに有能な政治家に対しても最悪・無能な総理というイメージを植えつけることもできる。




ちなみに、

候補者Aは、フランクリン・D・ルーズベルト

候補者Bは、ウィンストン・チャーチル

候補者Cは、アドルフ・ヒットラー

候補者Dは、東條英機



草なぎ剛へのバッシング厳しすぎやしないか

酔っ払って公園で裸で騒ぎ逮捕された草なぎ剛へのバッシングは想像以上に激しい。

CM打ち切り、番組降板の動き、地デジ関係のポスターも回収。鳩山法務大臣からは「事実であれば、めちゃくちゃな怒りを感じている。なんでそんな者をイメージキャラクターに選んだのか。恥ずかしいし、最低の人間だ。絶対許さない」とまで言われている。

まるで、麻薬でもやっていたかのような扱いだ。酒に酔って他人に迷惑をかけたことくらい誰にでもあるだろう。今回はちょっと酷いが、別に誰かを怪我させたわけでもない。逮捕とは言っても、一般人なら留置所で一泊程度のものだろう。そもそも、公然わいせつ罪といっても、現場で警官の警告に従いおとなしく服を着ていればそれで済む事例だ。
草なぎさんはおそらく、明日中には釈放されるだろうし、起訴も無いと思う。


鳩山法務大臣は草なぎさんの地デジポスターを全て回収すると言っているが、そこまでする必要は無いと思う。酔っ払いの全裸騒ぎなの大した事件でないのに、新しいポスターを作ってCM撮り直して、いったいいくらかかるだろうか。国のやることだから、億単位はかけているだろう。こんな事に税金を使って欲しくないし、草なぎさんやジャニーズ事務所に損害賠償を請求することも、裁判になったら通らないだろう。


追記

すでに収録された番組から草なぎさんの出ている映像を削除する番組もあるらしい。
過剰反応にも程があるだろう。

あと、家宅捜索の理由が「動機」の解明らしいが、動機って…
酔っ払いの奇行に理由などあるのか?
それとも、「薬物を探してました」とは言えないのかな。


関連記事

[草なぎ容疑者]出演番組見合わせ 地デジCM放送中止へ


鳩山総務相、地デジキャラ逮捕に「最低の人間だ」


SMAP草なぎ逮捕 ネットでも話題独占


泥酔逮捕のSMAP草なぎ 意味不明な叫びのわけ

草なぎ容疑者「最低の人間だ」鳩山総務相の批判に抗議殺到…地デジ推進キャラクター


草なぎ容疑者CM中止、ドラマ降板へ

世襲議員の立候補制限は違憲だと私も思う

親や祖父に国会議員を持つ人が同じ選挙区で立候補することを制限しようとする動きがあるようだ。これに対し、鳩山邦夫総務大臣など数名の閣僚も「違憲」だとして反対している。

私も、法律による立候補制限は違憲だと思う。

日本国憲法第44条 
両議院の議員及びその選挙人の資格は、法律でこれを定める。但し、人種、信条、性別、社会的身分、門地、教育、財産又は収入によつて差別してはならない。


議院の親の子は立候補禁止という法律を作ると、議院の資格を「門地」によって差別することにならないだろうか。

また、必要性という観点から見ても、法律による世襲制限は不要だろう。

私は、親や祖父に国会議員を持つ政治家はことごとく無能だというレッテル貼りには大いに違和感を感じる。

が、仮に世襲議員は全員無能で、親が残した地盤が無ければ当選できなかったはずであり、国政に害を及ぼすこと大なりと仮定しても、これだけ世襲批判が叫ばれている世の中だ。マスコミに踊らされている大多数の国民の政治家採点項目に「世襲=−20点」という基準がすでに出来上がっているのではないだろうか。ペナルティとしてはそれで十分だと思う。

そもそも、誰を国家の代表者に選ぶかは国民が決めることであり、その判断に全国民が責任を負う(というよりも、負わざるを得ない)ということは民主主義の大原則であろう。「○○な人は議員になるべきでないから立候補できません」という法律が認められるならば、共産主義者の立候補を禁止する法律を阻止する理屈が立てられないぞ。

もっとも、政党が世襲の立候補者の公認を認めない、などの判断は問題ない。親が政治家という人間にロクなヤツがいないと考えるのも、それぞれの政党の自由だ。

卒論テーマに“少年院送致を刑罰ではないと捉えていいのか”

 先日、友人と少年に対する刑事手続きについて議論した。

 犯罪を犯した少年を少年院や児童自立支援施設に入れる事について、法学者は「刑罰」とは考えていない。少年院は少年の更生を目的とするものであり、少年の利益になるという理屈だ。
 しかし、犯罪少年が「俺、更正したいから少年院に入れてくれ」と頼んで少年院に行くわけではない。犯罪を犯した結果として強制的に入れられるのだ。しかも、入所期間中は外出など許されない。人身の自由という観点から考えれば、基本的な性質は刑務所と同じではないだろうか。

 だから、少年院や児童自立支援施設に入れる手続きも刑務所に入れる手続きと同様、罪刑法定主義を徹底すべきではないか、というのが私の主張だ。少年院法第2条2項には「初等少年院は、心身に著しい故障のない、おおむね12歳以上おおむね16歳未満の者を収容する。」とあるが、「おおむね」とは何だ。そんな曖昧な表現は使うな。「だいたい12〜16歳の少年を収容するが、早熟な子なら11歳でも収容する」という運用方針に異論は無いが、「初等少年院の収容対象を9歳以上に限定する」などの条項を明文として設けるべきではないか。刑罰を科す要件は明確でなければならないという罪刑法定主義を、刑罰と同視できる少年院送致についても適用すべきだ。

 そういう事を刑法にやたら詳しい友人に話したら、「少年院の実態を知れば刑罰だとは思わなくなる」と言われた。
 少年院の中で行われていることは刑務所とは違い、教育・更正に重点が置かれているらしい。知識では私も知っていたが、では実際にどういう所かは、実は私にはよく分からない。



 そういう事について調べて、卒論にしたら面白いのではないかと考えています。

有名な喫茶店に行ってみたが2

 先日、熊本市にある喫茶アローに行ってみた。時間つぶしのためにふらっと寄った店なのだが、結構な有名店らしい。

 出てきたコーヒーはかなり薄かった。紅茶みたいな色だ。味も薄い。アメリカン・コーヒーにその5倍くらいのお湯を入れたみたいなコーヒーだ。

 ところが、客はそのコーヒーを大絶賛していた。アローではかなり高級な豆(持ち帰り価格500グラム5000円)を使用しており、安物の豆を濃くしまくった普通の「コーヒー」とは異なり、アローこそが本物のコーヒーを出しているのだという。しかも、アローで買った豆のコーヒーを飲んだらガンが治ったとか、マスターが不慮の事故に遭っても大丈夫なように専用冷凍庫を買って豆を大量に保管している人もいるとか。あの時は、マスターと客がグルになって僕に豆を売りつけようとしているのではないかと警戒したものだ。(実際はそんな事はなかったし、コーヒー代は500円と若干高い程度のものだったが)

 ただ、有名店であることは本当らしい。雑誌「歴史街道」の熊本城特集でも「全国からファンが来る」と紹介されていたし、ネットで検索しても、評判は良いようだ。

 僕にはただの薄いコーヒーとしか思えなかったのは舌が安いせいだろうか。

喫煙+野菜摂取でガンのリスク増大






意外なデータですな。

野菜は身体によいと無条件に信じていたのですが。



引用

同研究所の声明によると、1日に600グラム以上の野菜や果物を食べる人は、220グラム以下の人より20―25%、大腸がんになる率が低いとみられるが、喫煙者の場合は、野菜や果物の摂取は逆に発症率を増加させるという。
 今回の研究は、欧州10カ国の約50万人を対象に、その食生活や喫煙癖などを8年半にわたり調査した。



50万人もの大人数を対象にした実験なら、誤差は小さいと見ていいのかな。統計学は分からないから何ともいえませんが。

気になるのは、発ガン率の増加がどの程度なのか。10%と1%では大違いだから、そのへんの数値も記事に入れてほしいところである。

NHK「プロジェクトJAPAN」へのツッコミ

今、NHK総合の「プロジェクトJAPAN」を見ています。

予想通り、滅茶苦茶な内容です。

この番組によれば、第一次大戦後、日本では軍国主義とやらが自然発生し、その源泉は天皇で、日本は戦争をしたくてしたくてたまらず、中国やアメリカを侵略したと。


「その時歴史が動いた」では、たまに良いこと言っていたのに。

あと、日本国憲法9条の戦争放棄の源流はどこか、パリ不戦条約だ、という話もあるが、これは大いに疑問だ。
確かに、日本国憲法9条とパリ不戦条約には内容に類似点がある。軍備放棄を決めたのはマッカーサーで、草案作成はGHQ民生局だ。彼らがパリ不戦条約の内容に感服し、その理想を日本国憲法に具体化させた、そういう意識が彼らにあれば憲法9条の源流はパリ不戦条約にあると言えるだろう。

しかし、アメリカが日本に軍備を放棄させたのは、死をも恐れぬ特攻攻撃などに恐れをなし、日本から再び戦争をする力を奪い去ることで自国の安全を図るためだ。日本の占領統治を容易にするために、最大の権威者である天皇を残すことへの他国からの批判をかわすことも目的である。
アメリカが9条を作った目的の中に、パリ不戦条約と関連する部分がどこくらいあるのだろうか。番組では、ただ内容が似ていると言うだけで、そのへんの検証がまったくなされていない。私も、プロパガンダの材料という点を除いて、アメリカがパリ不戦条約を意識していた可能性は低いと思う。
最新コメント
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ