後期試験も終盤に迎え、残りは「現代の教育」のレポート(2000字以上)と刑法兇離謄好箸澄ともに全く手を付けていない。

 だというのに、この土日で「らき☆すた」全24話を見るという暴挙に走ってしまった。

 ニコニコ動画とは便利なものだと関心しながら、これほどテスト勉強に有害なものは無いという恨み辛みも感じつつ、まったりアニメに入り浸った。


 ところで、この「らきすた」、どことなくちびまる子ちゃんを思い出すのは私だけであろうか。宇宙人、未来人、超能力者や悪の組織などの類は一切出てこない、女子高生その他関係者の日常を描いた何でもないアニメだが、妙に共感するところがある。というのも、主人公の泉こなたの行動パターンの半分くらいが私と合致するのだ。
 私は彼女ほどオタクではないが、しかし、泉こなたのダメ人間っぷりが私を安心させるのである。
 それと、普段はあたしんちのようなシンプルな画質だが、時々どうでもいいような場面で超ハイクオリティになる。これぞ京アニの本気か。

 なお、このアニメは一話完結型であり、第1話はあんまり面白くなく、見逃してもそれ以降の設定や人物関係の把握に支障をきたすことはまったくないので、興味のある方は第2話から見ていただくことをお勧めする。もちろん第1話から見ても全く構わないのだが、1話で見切りをつけて本当に面白い2話以降を見逃されたら残念である。




追記

鷲宮神社の巡礼レポートを見つけたのでリンクしておきます。
おたくのオタクによるヲタクのための「らき☆すた」聖地年越し巡礼レポート!