中国産の冷凍餃子に有機リン系殺虫剤メタミドホスが混入していた。健康被害も全国各地で多発している。

 これは、最近マスコミを賑わせている「表示と違う品種の鶏を使った」「冷凍保存していた和菓子の解凍日を製造日として表示した」などの食品偽造とは桁違いの問題だ。これらの事件では、少なくとも誰も腹を壊していない。

 このギョーザに入っていたメタヒドホスは強力な農薬で、中国でも今年初めから使用を禁止されたが、効き目が良いという理由で現在も使用されているという。(参考記事:産経新聞2008年1月31日朝刊2面主張

 上記記事には「問題の殺虫剤がどの段階で、どのように混入したのか、混入は広範囲なのか限定的なのか、故意か否かなどを含め、徹底した原因究明が必要だ。そのうえで厳重な防止策を求めたい。」とあるが、まずは警察などの捜査機関には原因究明に努めてほしい。

 今回の事件で、中国側の対応に興味深い記事がある。〈製造元とみられる中国河北省石家荘の「河北省食品輸出入集団天洋食品工場」の女性職員は同日、共同通信の電話取材に「なぜわれわれの製品だと証明できるのか」などと述べ、詳細について説明を拒んだ。女性職員は「誰が言っているのか。証拠があるのか」などとまくし立て〉たそうだ。
 開き直りも甚だしい。自分の工場で作られた製品だろう。食品の安全に対する責任感が欠如しているのか、それとも、日本人だから大丈夫だろうと腐った野菜のキムチを売りつけた韓国人のように、完全に我々日本人を舐めているのだろうか。
 中国共産党政府も似たような状態だ。〈中国輸出食品の安全性を主管する国家品質監督検査検疫総局〉は〈同総局の報道課は「事件は把握している」とした上で、「書面で質問申請を出してほしい。現時点では答えられない」と述べ、具体的な対応策は示さなかった〉という。(引用記事



 私のような貧乏大学生は、スーパーでついつい安い物を選んでしまうが、中国産には気をつけようと思う。
 そういえば、今年の正月に帰省したとき、地元のスーパー(福岡県大牟田市手鎌、上内・橘・元村から陸橋を渡って何キロか行って、ダイレックスの手前)に行ったら、中国産の冷凍ほうれん草がなんと10円で販売されていた。「お一人様5つまで」などの表示はなく、それどころが商品には霜が積もっていて、長期間売れていないと思われる。他にも、別のスーパーでは、ウナギの蒲焼の結構大きいのが380円くらいで売られていた。それより小さな国産品は900円くらいだったと思う。台湾産も600円くらいだっただろう。
 中国産段ボール製肉まんとか、ラーメンを食べたモンゴル人や歯磨き粉を使ったパナマ人が死んだとか、物騒なニュースが多いから、もう中国産は信用されていないのだろう。

 




追記

各都道府県によると、新たに被害が判明したのは16都道府県で計62人(31日午後零時半現在)。薬物中毒が30日明らかになった10人を加えた合計では17都道府県計72人に上り、千葉県が24人と最も多い。
1月31日11時31分配信 毎日新聞


 現時点で健康被害を受けたと判明した人は72人か。この餃子が原因で健康被害を受けてもすぐに申告しない人も多いだろうから、この数字はまだ増えるだろうな。





2月1日追記

「毎日新聞など報道機関の独自集計では400人前後」になった。
参考記事:毎日jp2008年2月1日11時33分配信