臓器移植法改正A案が衆議院を通過しました。

最近、ニュースをあまり見てなくて、今回の改正の流れはあまり知らなかったから、今更ながら少し調べてみました。話題の法律なのに、実は私は一度も条文を読んだことがありません。

それで、条文を読んで気づいたのだが、現行の臓器移植法にはドナーを15歳以上に限定する規定は無いんだな。移植の要件は「死亡した者が生存中に臓器を移植術に使用されるために提供する意思を書面により表示している場合であって、その旨の告知を受けた遺族が当該臓器の摘出を拒まないとき又は遺族がない」(臓器移植法第6条1項)となっている。この法律に年齢制限は無い。ただし、どのくらいの年齢から意思表示が有効か、という問題があり、厚生省のガイドラインでは15歳以上とされた。


A案が衆議院で可決されたが、これに対しては「脳死を一律に人の死としてよいのか」「脳死の子に1年以上付き添っていたが、私は死体に付き添っていたのか」という批判がある。法的に意味のある議論とは思えないが、気持ちは分からなくもないな。

ところで、これは次のような理解でいいのかな。

現行法では
(臓器の摘出)
第六条  医師は、死亡した者が生存中に臓器を移植術に使用されるために提供する意思を書面により表示している場合であって、その旨の告知を受けた遺族が当該臓器の摘出を拒まないとき又は遺族がないときは、この法律に基づき、移植術に使用されるための臓器を、死体(脳死した者の身体を含む。以下同じ。)から摘出することができる。
2  前項に規定する「脳死した者の身体」とは、その身体から移植術に使用されるための臓器が摘出されることとなる者であって脳幹を含む全脳の機能が不可逆的に停止するに至ったと判定されたものの身体をいう。

となっている。

A案は以下の通りだ。

第六条第一項を次のように改める。

  医師は、次の各号のいずれかに該当する場合には、移植術に使用されるための臓器を、死体(脳死した者の身体を含む。以下同じ。)から摘出することができる。

 一 死亡した者が生存中に当該臓器を移植術に使用されるために提供する意思を書面により表示している場合であって、その旨の告知を受けた遺族が当該臓器の摘出を拒まないとき又は遺族がないとき。

 二 死亡した者が生存中に当該臓器を移植術に使用されるために提供する意思を書面により表示している場合及び当該意思がないことを表示している場合以外の場合であって、遺族が当該臓器の摘出について書面により承諾しているとき。

 第六条第二項中「その身体から移植術に使用されるための臓器が摘出されることとなる者であって」を削り、「もの」を「者」に改め、同条第三項を次のように改める。


現行法では脳死状態でかつ遺族の移植に対する承諾があり、移植する予定のあるドナーのみが「死体」とされるのに対し、A案では「脳幹を含む全脳の機能が不可逆的に停止するに至ったと判定された者の身体」=「脳死した者の身体」=「死体」となる。これを指して「脳死を一律に人の死にしている」ということなのだろうか。


そうだとしたら、「第六条第二項中「その身体から移植術に使用されるための臓器が摘出されることとなる者であって」を削」る改正には一体何の意味があるのかな。削ったところで何かができるようになったり、あるいは、何かができなくなったりするとは読み取れないが。