国民投票法が施行されたのに憲法審査会が動かないということで民主党を批判する改憲派が多いようだ。私も現行憲法には重大な欠陥があり、早急に改正すべきと考えている人間の一人だ。しかし、民主党政権下の現在、憲法審査会が活動していないという状況は喜ぶべきことだと考えている。

 なぜなら、民主党が憲法をいじるというのは恐怖以外の何者でもないからだ。民主党は国民固有の権利である参政権を外国人に与えようとしている。これは、日本人から参政権の一部を奪うに等しい所業だ。また、民主党の三宅雪子議員は自民党の甘利議員に突き飛ばされたなどと事実を捏造し、懲罰動議にかけている。(「突き飛ばした」とされるシーンをスロー再生した動画がいくつか出回っているから確認されたい)敵対政党の議員を懲罰動議にかけ、登院停止、あるいは除名に追い込むことで、議員としての権利を奪い取ろうとしているのだ。これを憲法の破壊と言わずして何と言う。

 そのような政党が憲法改正するなど、恐ろしい。








井上公明幹事長、民主に憲法審査会始動を要求2010.5.19 01:11

このニュースのトピックス:諸政党
 公明党の井上義久幹事長は18日、国民投票法が同日施行されたにもかかわらず、民主党のサボタージュなどで衆参の憲法審査会が始動していない現状について、「憲法の議論は国の在り方を、どう考えるかという国の根幹にかかわる課題だ。その環境整備もできない民主党に、果たして政権を担える資格があるのか」と述べ、民主党の対応を批判した。

 そのうえで、「民主党が改憲派と護憲派が混在する党内事情や政局を優先し、抵抗し続けたことで、国民投票法の成立から施行までの3年間が空費されてしまった。民主党は速やかに(憲法改正をめぐる)議論に応じるべきだ」と強調した。

 衆参の憲法審査会は、国民投票法制定に伴って平成19年8月に法的には設置された。しかし、民主、共産、社民各党の抵抗で、衆参両院とも1度も開催されていない。