つぶや記

京都で大学生をやっている松岡智之です。 新聞記事に突っ込んだり、読んだ本の感想なんかを徒然なるままに執筆します。

麻生太郎

「ぶれている」と言われるが 麻生首相に何を求めているのか

 総理大臣が麻生太郎になってから、野党・マスコミが総理に対して「ブレている」というフレーズで批判することが増えいるように感じられる。

 もう忘れている人も多いだろうが、5月に厚生労働省分割案の具体化を麻生首相が閣僚に指示し、最終的に断念したことについて、野党・マスコミは「また麻生首相の発言がブレた」と批判した。
 これについては、麻生首相は「そういう命令はしていない」と否定したようであり、事実関係ははっきりしないが、ここでは事実関係についてはマスコミの報道が正しいという前提で話を進める。

 野党・マスコミによれば、政治家たるもの、一度口にしたことは必ず実行しなければならないようだ。たとえそれがある政策の「検討」とか「具体化」といった程度の確定的ではないものについても、「やっぱりやめよう」という選択肢は許されないのである。

 厚労省分割案が出た背景には、同省が社会保険・雇用・医療・衛生など極めて幅広い業務を管轄しており、1人の大臣が統括するには大きすぎるという事情がある。同省の予算も他の省庁に比べてとても大きい。この不都合を見て分割を思いつくことはそれほどおかしなことではない。
 そこで、麻生首相は深く考えずに厚労省分割案の検討・具体化を指示したのだろうが、いろいろ調べてみると問題がたくさんあったようだ。それを知って麻生首相は厚労省分割は取りやめとしたが、これが「ブレている」そうだ。

 では、麻生首相は「ブレている」という批判を受けないためにはどうすればよかったのだろうか。選択肢は3つ考えられる。

1:最初から厚労省分割などという難しい事は言わない。
2:厚労省分割について野党・マスコミ・国民には非公開で調査・議論を進め、密室でどうするか決め手から分割案を公開する。密室で決めたことはもう変更しない。変更したらブレている。
3:いったん思いついた政策はどんな問題にぶつかろうとも、どんなデメリットが生じようともやり遂げる。

 私に言わせてもらえば、1番目の選択肢を選ぶようでは政治家失格だ。何のために高い給料を税金から払っているのか。それは国を良くするために頭を使ってもらうためだ。その任務を放棄する人間に政治家となる資格は無い。
 2番目の選択肢は民主主義に反する。今の国会でも本当に「議論」されているか疑問だが、2番目の選択肢を推奨するということは、国会での「議論」によって良い法律・政策を作るという民主主義思想を否定することだ。政府で決めたことは議論の余地を残さず多数決で押し通すことが望ましい政治だと考える人は麻生首相を「ブレている」と批判し、2番目の選択肢を対案として示せばよい。
 3番目の選択肢はもっと悪い。2番目の選択肢では、一応、細かい所まで議論を詰めているが、3番目では、思いつきの状態から進んでいない。滅茶苦茶な政策が民主主義的観点から決して望ましいとは言えない多数決至上主義原理で実行に移される可能性がある。

 そもそも、ある政策が必要だと総理大臣が思いついた場合に、早い段階から公開の場でその政策が議論され、多くの人から問題点が指摘され、必要に応じて最初の提案を修正・撤回することのどこが間違っているのだろうか。これがあるべき民主主義だと思うのは私だけだろうか。

 安倍首相の頃から、マスコミは事あるごとに総理に対して決して本質的とは言えない、人を小バカにしたような批判をすることが多くなったと感じられる。政治思想が近く信頼できる人間を閣僚に配置することを指す「お友達内閣」という流行語ができ、安倍政権のイメージは大幅ダウンした。今度は「ブレている」がテレビ・新聞で連発されている。

 マスコミに良識だとか公正さなどをを求めること自体が間違っているのだろうか。

定額給付金 なぜ所得制限できないの?

麻生総理が定額給付金を配ろうとしている。

野党はバラマキだと言っているが、政府による所得の再配分政策を「バラマキ」の一言で片付けてしまえば、福祉などはそもそも成り立たない。
定額給付金がどのくらい景気回復に効果があるかは、私にはよく分からない。
だから、定額給付金についての賛否は、今のところ保留せざるを得ない。

しかし、気になる点がある。
なぜ、所得制限ができないのだろうか?
総理は所得制限が望ましいが不可能、みたいな事を言っている。
自己申告で年収1500万円以下の人に限定、という話もある。

その人の年収など税務署が調べたらすぐに分かることではないのだろうか。

麻生総理所信表明演説 マスコミは民主党への批判・質問ばかりだと言っているが

 9月29日に麻生新総理による所信表明演説が行われた。その内容はなかなかのものであったが、野党・一部のマスコミは「民主党への批判と質問ばかりで所信表明演説になっていない」と反論している。あたかも、「首相は国政の方針を明らかにする所信表明演説の場で民主党批判に終始した」と言わんばかりである。

 確かに、麻生首相の所信表明演説の中には民主党への批判、問いかけがいくつか見られた。しかし、野党・マスコミが主張するように、そればかりを延々と言い続けたわけではない。

 具体的数値をもって示すならば、私が測定したところ、所信表明演説が21分余りに対し、民主党への言及に要した時間は3分24秒である。大半の時間が日本が抱える課題とこれからやるべき政策ついての主張に費やされていた事は、所信表明演説全文を読むか映像で見た人には理解できるだろう。

 内容としては、日本を強く明るい国にすると冒頭で述べ、景気対策の実行、財政再建は日本の繁栄のための手段であって目的ではない、改革による成長、などの経済・財政面で小泉改革からの軌道修正を主張し、暮らしの安心については、長寿医療制度の見直し、医師不足、雇用問題、食の安全などに言及している。さらに、外交については、日米同盟の強化やインド洋給油活動の継続を主張している。これらの問題について民主党への批判に近い逆質問があったが、対立する考え方と対比させながら自説を展開することに何の問題があるだろうか。
 私が思うに、麻生演説は所信表明演説としては十分、必要水準に達している。後はそれをいかに具体化し実現するかである。

 それでも、野党議員は「麻生演説は民主党への質問・批判ばかりである」と言っている。彼らは全員本会議場で寝ていたのだろうか。それとも、国民を騙し、扇動しているのだろうか。いずれにせよ、国会議員としての資質を疑いたくなる。

 もっとも、野党議員が敵である自民党・麻生政権の印象を悪化させるためにあの手この手を使うというのは選挙戦術として理解できなくもない。私が問題にしたいのは、マスコミの報道姿勢についてだ。例えば、朝日新聞は9月30日の社説において「いつもなら、新しい首相は政治理念を語り、新政権で目指す政策の青写真にもっと力を込めるところだ。だが、衆院の解散・総選挙が目の前に迫る。崖(がけ)っぷちに立つ自民党政権のトップとして、とても大仰な所信を語っている余裕はないということか」と記述している。私はニコニコ動画という動画サイトで所信表明演説を見て「大仰な所信」を堪能したのだが、それは完全に無視されている。テレビのニュース番組もほとんどがこのような具合だ。

 本来ならば、所信表明演説の内容を紹介し色々と批評を加えるのがマスコミの仕事であるのに、今回はその内容を無かった事にしている。かつて、小泉元首相が郵政選挙を断行した際、マスコミが自民党に有利な報道を行ったことを反省する旨の事を述べていたキャスターが何人かいたが、今回の偏向報道はそれ以上に悪質だ。


 なお、所信表明演説は以下のリンク先で確認することができる。平均的な政治家の演説よりも分かりやすく、その人の考えを理解しやすい内容になっているので、時間があれば是非読むか視聴していただきたい。

首相官邸サイト「第170回国会における麻生内閣総理大臣 所信表明演説」


福田首相辞任について雑感

 今日、朝日放送の「たけしのTVタックル」を見ていると、突然画面上部に「福田首相辞任」の緊急ニュースが流れた。その数分後、番組は中止になって総理の記者会見と報道ステーションが始まる。この間、音声が流れなかったり、(おそらく誤って)TVタックルが数秒放送されたりするなど放送ミスが相次いでいたことを考えると、報道現場の混乱は相当のものだっただろう。

 早速、安倍前首相の辞任に重ね合わせて「無責任だ」などと言われているが、ではどのような辞め方がよかったのだろうか。「10月で辞めます」と言うより、早く辞めてもらったほうがいいと思うが。福田首相は国会会期すら自分で決められないくらいに政治力が失墜したから辞めるようだが、それなら無駄に時間を使うほうが無責任ではないだろうか。政治運営に行き詰まった総理が「もはやこれまで」と辞任するのはいつものことだと思う。辞め方云々にケチを付けても生産的な議論にはならない。大切なのは、これからどのような政治を行うかだ。

 さて、次の首相だが、やはり麻生太郎だろうか。国民からの人気は高いし、過去の総裁選にも出馬し続けている。そして何より信念を感じる。他の政治家にもそれなりの信念はあるだろうが、麻生さんほど積極的に国民に伝えようとしている政治家はそうはいない。これは政治家として必要なことだ。

 私は前回の総裁選では麻生さんを支持していたが、よくよく考えてみたら、安倍さんの後にいきなり麻生さんが総理になるよりも、間に福田さんのようなボーっとした人間を置いたほうがよかったかもしれない。なぜなら、小泉・安倍総理は聖域なき構造改革、戦後レジームからの脱却などと自分の政治信念を持ち、それに沿った政策を推し進めていたが、そのような政治家に多数の国民が飽きていたからだ。本当はそういう人間が政治家にふさわしいと思うのだが、大衆というのはそういうものだ。そこに麻生さんのような、これまたアクの強い政治家が総理になると、マスコミ・国民はなかなか受け入れないだろう。そこで、彼らとは対極に位置する、何を考えているのかがさっぱり分からない福田を総理にすることで、国民に「政治家ははっきり物を言わないといかん」と思わせ、麻生さんの仕事がやりやすくなるというものだ。

 そして、こういう永田町が忙しい時期に衆議院議員の地元事務所へインターンシップに行く私は運が良いのか悪いのか。民主党議員の事務所にほぼ毎日行く以上、麻生さんの演説に行けないのはいささか残念だが、面白いものが見れるかもしれない。



関連記事
[首相退陣表明]「またか」「無責任」市民あきれ、怒り
[首相退陣表明]突然の緊急会見 後継は麻生氏軸に調整
最新コメント
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ