つぶや記

京都で大学生をやっている松岡智之です。 新聞記事に突っ込んだり、読んだ本の感想なんかを徒然なるままに執筆します。

JAXA

光の力ってすごいな 宇宙ヨット「イカロス」

 宇宙で帆を広げ、太陽光の圧力を利用して航行する「イカロス」だが、0.0114グラムの推力が得られたという。

 0.114グラム。微々たる力のようにも思える。しかし、帆の大きさは14メートル四方である。それによって得られる力が0.114グラム。どちらも、人間が実感できる数字である。
 光に圧力があることは探査機「はやぶさ」の関係で知っていた。しかし、人間には感じることの出来ない微々たるもの、14メートル四方の帆でナノグラム単位の力があるのかと思っていた。0.1グラムもあるとは驚いた。

 世界で初めて小惑星の砂を採取に地球に帰った「はやぶさ」に続き、今度は宇宙ヨット。宇宙科学研究所ISASのプロジェクトは本当に独創的だ。活躍に期待する。
 


宇宙ヨット「イカロス」 太陽光の圧力で加速2010.7.9 22:13

このニュースのトピックス:宇宙・天文台

宇宙ヨット技術の実証機「イカロス」の飛行中想像図(宇宙航空研究開発機構提供) 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は9日、金星方面に向けて航行中の宇宙ヨット「イカロス」が、太陽光の圧力によって加速したことを確認したと発表した。約14メートル四方の帆(樹脂膜)で光の粒(光子)を受け止め、地球上で0.114グラムの物体がぶら下がったのと同程度の推力が得られたという。

 「イカロス」は5月21日に金星探査機「あかつき」とともに打ち上げられた小型ソーラー電力セイル実証機。セイル展開の精密軌道決定で加速を確認した。JAXAは「これにより、惑星間航行で光子による史上最大の加速度を発揮した実証機になった」としている。

MSN産経ニュースより

JAXA事業仕分け、民主党は国のために仕事してるのか

 今日、宇宙航空研究開発機構JAXAの事業仕分けの映像をニコニコ動画で見た。

 結果は、東京丸の内の広報施設「JAXAi(ジャクサ・アイ)」の廃止。
 民主党議員は筑波などの科学館と統合せよと主張した。それに対しJAXAは、宇宙について興味を持っていない人でもふらっと立ち寄れる利点を強調し、遠方のより充実した科学館などに行くきっかけになると主張した。JAXAの知名度はJAXAi設置前より設置後の方が上だが、知名度上昇のうちJAXAiの寄与度はどのくらいかと聞かれて具体的数値を出すことができなかった。

 JAXAiの年間予算は約1億円らしい。JAXAiが1億円に見合う効果を出しているか、このまま継続すべきかどうかについて議論することは大いに結構なことだと思うが、民主党議員は「JAXA職員が効果を具体的に説明できないなら廃止にするしかない」と言う。これはJAXAに限らずあらゆる事業仕分けについて共通することだが、民主党議員はその事業が必要なものかどうか自分で考えようとする気はないのか。「官僚の説明下手のせいで事業を廃止にします、官僚がちゃんと説明しないのが悪いんです」という気分で仕分けをやっているとしか思えない。これでは、その事業がいかに重要かではなく、担当者がいかに口達者かによって仕分け結果が決まる。それが、民主党の「政治主導」らしい。
 
最新コメント
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ